無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この人に認められたい

以前飼っていたインコを亡くした時に初めて聴いた、CHEMISTRYの「最期の川」という曲が好きで、今でも折に触れ聴いています。聴くときはいつもYouTubeでミュージックビデオ(MV)で聴きます。これです。


www.youtube.com

このMVの出演者ですが、父親役は言わずと知れた、故・大杉さんですね。で、娘役の方は何という方なのだろうと気になりまして、調べてみました。そうすると、松原汐織さんという方だということが判明しまして、さらには、松原さんのブログも発見しました。

松原さんが大杉さんについて言及していることはないかと思ってみたところ、もちろんありまして、もう一度お会いしてお礼を伝えたかったということが書いてありました。さらには、故・高倉健さんにも触れておられまして、「この人に褒められたい、認められたい」と思える人がいたらどんなに幸せか、ということが書いてありました。

この記事を読んで、わが身を振り返ってみました。自分にとってそういう人はだれだろう、と。まず最初に思い浮かんだのは、新卒で入社した会社の最初の上司です。この方一人ではありませんが、仕事のイロハ、社会人として仕事をすることについて教えてくれた、最重要の人です。今では、私がお世話になっていた時のその方より、今の私の方が大分年上になってしまっていますが、今の私は当時のその方ほどの人間になれているかどうかすら怪しい。

私がその会社を退職したので、その方とは疎遠になってしまっていて、今何をされているのか分かりませんが(Facebookでのつながりはありますが、プライベートでの内容しか公表されていないので)、いつかお会いする機会があるとしたら、私はいまこんなになっていますと胸を張って言える自分でありたいかな、とは思います。

もう一人上げるとするなら、先日亡くなった父です。父は貨物船の船員でして、仕事内容は私とは全く異なるのですが、仕事関係なく、これだけ一人前になったよ、と、胸を張って会いたかった。亡くなる何年も前から、認知症が進んで、そういう話もできなくなってしまっていましたが、それでも体は割と元気だったから、もっと元気で長生きしてほしかったと、非常に残念に思います。

そして、父の葬儀のとき、もちろん悲しいというのは心の最前線であったのですが、これからは長男として、母を助けつつ、天国で見守ってる父に恥じないように、しっかり頑張って生きていこうと、強く思ったことを覚えています。母も、長年の父の介護が終わって、これで自分の役目は終わったとか言ってるので、ちょっと心配なんです。

話がちょっと逸れてしまいましたが、そういった生きる指針といいますか、目標にする人と言いますか、この人に恥ずかしくないようにしたいと思える人がいるというのは、いないことが悪いとは言いませんが、よく生きるための大いなる助けになるだろうなと、実感して思ったことでした。皆さんにはそういう人はいますか?

紅葉もうすぐ

先週末、近くの日本庭園に行ってきました。そろそろ紅葉がきれいかなと思いまして。結果的には紅葉は色づき始めで、本格的にはまだこれからという感じではありましたが、その分緑と黄色、赤のグラデーションがきれいで、これはこれで、見てよかったと思いましたね。

普段は人も少ない静かな庭園(入場有料ですし)なのですが、今回は人も多く、着物を着てポートレート撮影している人なんかもいて(お見合い写真か何か?)、皆さんそれぞれに秋を楽しんでいるようでした。天気も良く、ヒヨドリも元気に鳴いていて、さわやかな一日を楽しみました。

いくつか写真を載せますので、見て楽しんでいただければと思います。





 

懐かしい繋がり

いきなり重い話になりますが、今夏父が亡くなりました。といっても、本記事ではその父のことなどを書くつもりはありません。

とある日の朝に母からの連絡で父の訃報を知り、飛行機に飛び乗って何とか葬式には出られまして、無事葬式、火葬、初七日法要を済ませて帰り(前日は通夜で、遺体は斎場に安置されていて、私は実家に帰らず直接斎場に行き、母と一緒に一晩詰めていたので、実家には帰れなかった)、一息ついていたら、徒歩1分ほどのところに住む従兄から連絡が。BBQやるから来ないかと。確かに、楽しい思いの一つもして、気分転換を図るのは悪くないと思い行ってきました。

歳も近く、子供のころから近所に住んでいるので、昔はいつも一緒に遊んでいました。なので思い出もたくさんあります。父の思い出話やその他の昔話、近所に住んでた誰々は今どうしてるといった話など、酒の力も手伝って非常にいろいろな話で盛り上がり、父を突然亡くした悲しみを優しい思い出に変えてもらっていってるような、穏やかな気分でした。

そんな話の中で笑ったのが、従兄にはすでに息子がいて(なんなら孫もいて)、その息子が言うには、家の納屋の壁に、従兄が書いた私の悪口の落書きを見つけたという話です。今となっては鉄板の笑い話ですが、子供のころは、喧嘩して忸怩たる思いだったんだろうなーと。私も学習机の引き出しに、やっぱり喧嘩した相手(従兄ではない。いや、従兄のもあったかも笑)の悪口を色鉛筆で書いたりした(証拠が残っていた笑)ことが記憶に残っています。

そんなことも含め、昔話を長々とできる相手というのは尊いものだと改めて思いました。また、生前は父と母の二人暮らしだったので、今回のいろいろな儀式や手続きには、その従兄一家にずいぶんお世話になりました。父の死によって、人生には終わりが来るということをリアルに見せつけられたことをきっかけに、SNSとかじゃない大切な繋がりとか、そういったものの有難みを改めて感じさせてもらいました。父が命を懸けて、教えてくれたことと言えるかもしれません。

ちなみにその従兄はたくさん田んぼを持っていて、毎年米を作っています。いつも新米を送ってもらっていて、そういう意味でも助けられています。

続・イライラが止まらない

またイライラした話で恐縮なのですが、こないだ某買い物アプリの割引クーポンが発行されたという知らせがあり、これはお得だということで、久しぶりに利用しようとしました。しかしこの入手方法が分かりづらい。何かとのID連携とかなんとかややこしい。そこらへんはまあ何とかクリアして、やっとクーポンがもらえると思い、クーポン受け取りボタンをタップすると、電話番号認証が必要と。少々うんざりしながらも、電話番号入力くらいは全然手間じゃないのでさっさと入力したのですが、来るはずのSMSが来ない。

しばらく待っても来ないので、入力間違えたか(ほぼないとは思うけど)とも思い、再度入力しましたが、やはり来ない。アプリのサイトのFAQを見たら、一度ログアウトしてから再度試すと良いとあったので、試してみるも結果は同じ。私のスマホがSMS受信できないようになっているのかなとも思って、その回復方法を調べて、スマホを再起動してみたりしてみましたが、やっぱりSMSは来ませんでした。

ここでブチギレですよ。すぐ解約していいとはいえ、有料サービスのアカウント作って、そのアカウントと連携したりしたのに。いくらなんでもひどすぎませんかと。この怒りをどうしようか分からず、マグマのような人間になっていたのですが、幸いにもそのアプリのお問い合わせフォームというものを見つけましたので、いったん落ち着いて現状を説明し、対応をお願いした次第であります。

そうしましたら、すぐに詳細を聞くメールが返信され、その後のやり取りで丁寧に案内され、案内通りに操作したら見事SMSを受信でき、3,000円分のクーポンを手に入れることができました。なんでも、メールアドレスで登録したアカウントと、電話番号で登録したアカウントの2つが登録されており、電話番号がかぶっているからSMSが送信されなかったとのことでした。確かに、はるか昔に、よくわからないままアカウント登録したなと思い出しました。無事クーポンを入手したことで、もちろん怒りも収まり、買い物を楽しむことができました。

これも昨日書いた事に通じると思いますが、やはりどうしようもない怒りとかイライラとかは、確かに時が経てば解消するものではありますが、積極的に解消するための行動を取ったのがよかったと思います。もちろん理性的にね。解決できる根本の問題があるなら、諦めないでそれを解決するのがやっぱり一番いいのかなと。

ついでに言うと、Webサービスとか、アプリなんかは、特にお金が絡むようなものは、FAQだけでは解決できない問題も多々ありますので、問い合わせ窓口はぜひとも用意しておいてほしいなと、切に願うところでありました。今回は助かりました。

イライラが止まらない日

先日の話ですが、かなりイライラする日があったのです。仕事用にと買ったPCの調子が悪く、しょっちゅう固まる。メルカリで安く買った(スペック上げてるとはいえ)中古のやつなので、まあこういうもんかなあと思うしかない。安物買いの銭失いとはまさにこのことかと、自分を責めるしかないのですが、実際に目の前で固まりまくるPCを前にしたら非常にイライラするものです。

また、そのPCをデュアルモニタにしようとして、モニターを買ったのですが、映りません。後に分かったことによると、変換ケーブルで接続したら表示できないということだったのですが、その時はそれがわからず、いろいろボタンを押してみたり、ケーブルを繋ぎ直したりしてみても、一向に映らず、まあデュアルでなくてもPC使えないことはないのですが、便利になると楽しみにしていたので、それもイライラ。

それから、競艇に興じたのですが、買った選手のレース前コメントが、「昨日は欲をかいて失敗した」だったのです。で、実際にレースが始まってみると、また欲をかいて失敗し、順位を落として、私はハズレてしまいました。失敗の内容が前日とおんなじで、これでまた腹が立って。おんなじ失敗を連日してるじゃないかと。それで、LINEのオープンチャットで愚痴りまくって、まあ他のメンバーもレースを見ていたので同情的に見てくれていたのですが、雰囲気悪くしてしまったかなと反省でした。それでもこの怒りは収まらず、その他にもいろいろままならない一日で、イライラ、ストレスが溜まっていました。

それでもう、今日は自棄酒を飲むぞと思って、馴染みの店に乗り込んだんですが、客が一人もおらず、好々爺の店主が一人で佇んでいるだけでした。そこで瓶ビールを注文し、その店主とテレビを見ながら、ビールを飲みながら雑談。店主も競艇やるので、競艇の話とかもして。ちょっと気を遣って、前述の事象の愚痴は言わなかったこともあり、非常にまったりとしたひと時となりました。そうしたら、一日イライラしていた毒気もすっかり抜かれて、酒のおかげだけでなく、楽しい、清々しい気分になって帰りました。

ストレス、イライラが溜まることは結構あります。結局、放っておいても一晩寝れば忘れる類の話ではあるのですが、何らかの、解消するための行動ができれば、それもいいのかもしれないなと思いました。一晩寝れば忘れるといっても、一日をいい気分で終えるかどうかというのは、QoL的に結構大きい気がします。今回は居酒屋店主と雑談するということでしたが、毎回飲みに行くのもなんですので、ランニングとか筋トレとかしたら気分がスッキリするというのも経験的にありますし、心身ともに健康になれる(お金もかからない)ことをいろいろ持っておくと良いですね。

気持ちのいい秋

前回の記事で、心不全をカミングアウトしたのですが、この対策として、軽い運動をした方がよかろうということで、毎朝少し散歩をしています。今朝は寝坊してしまい、散歩ができなかったため、昼休みに公園に出向き、歩くついでに久しぶりに写真を撮ってきました。

青い青い空と黄色い銀杏のコントラストが見事で、感動してしまいました。他にも、ススキのいい感じの写真など、いろいろ撮れて、非常に満足できる散歩になりました。また、気候も、熱くも寒くもなくとても気持ちいいし、カラッと晴れ上がったいい天気。本当、最高でした。

ここでは、今日撮った写真を一部披露したいと思います。

 

驚愕の診断

ここ数か月、時々息が苦しくなることがありました。特にひどいストレスがあったわけではないのですが、過呼吸の類かなんかかなと思い、鼻呼吸していたのを口呼吸に変えるとか、その程度で症状はなくなっていたので、特に何も対策はしていませんでした。

それがこの間、それくらいでは済まないくらいに息苦しくなって、その症状が出たのは早朝だったのですが、再度寝るなんてこともできない感じだったので、病院が開くのを待って、駆け込んできました。

最初喘息の発作かなとも思ったんですが、痰が絡んでゼエゼエする感じじゃないのが不思議。そんなことを先生に症状を訴えたら、レントゲンやらなんやらの検査をして、出た診断がなんと、

心不全!

私でも知ってる、洒落にならない病気です。心不全で亡くなったというニュースも何度も見ています。これは大変なことになったと、顔から血の気が引きました。しかし、その次に医者の先生から出た言葉は…

「お薬出しときますね~♪」

え、それだけ?

薬飲んでたらいいという程度なの?一瞬の間に、入院も覚悟して、というか命も危ないかといろいろ考えをめぐらしたのですが、これもビックリでした。なんでも、血圧が高い(これはずっと言われていた)のを何とかするのが第一ということらしく、降圧剤を処方されました。それと、心不全だと浮腫みが出て、その浮腫みが心臓に負担を与えるので、浮腫みを防止するために、利尿剤を使用すると。

まあ、自分の足で歩いて病院に行き、自分で症状を訴えられるという時点で、心不全としてはかなり軽い感じだったのかもしれませんね。心不全という名前にビビりましたが、心不全といっても、軽いものから重症のものまで、危険度に大きな幅があるのでしょう。

とりあえず、私の場合はそれだけで済み、処方された薬を服用したら、その後はすっかり症状は軽快しました。ただ、利尿剤のおかげでトイレが非常に近くなり、それが困ったもので、これが夜まで続いたら(薬は朝に飲む)夜中とか眠れないじゃんとか思ったんですが、幸い夜はそれほどでもなくなっていました。

医者の先生には、薬を飲めとしか言われなかったんですが、他に生活で気を付けることがあるだろうと、ちょっと調べてみましたら、やっぱり浮腫みを防止するということで、食事についても塩分を控えるというようなことが書いてありました。あとはやっぱり肥満解消して、心臓への負担を軽減することだそうです。

もしかしたら、夜間頻尿も、心臓の不調による浮腫みが足に来た結果なのかもしれないなーと、ちょっといろいろな現象が一つの線で繋がったような気がしました。

そう、今の自分の健康問題のほとんどは、肥満が解消したら解消すると思うんですよね。この歳になると、太りやすく痩せにくいですからなかなか難しいのですが、今は酒を控える、早起きして、無理のない程度の散歩をする、といったところから取り組んでいます。